FC2ブログ

IBO-JI入院記 エピソード22(終)!

退院前日の夜、
寝る前のマンガのネーム描き
ラスト2ページで結構迷っている部分があったが
土壇場で上手い事ひらめきなんとか終わらせる事ができた


退院した後ここまで集中して描ける自信がなかったので
入院中になんとかして描ききれて良かった!
これで心置きなく退院できる

1k.jpg


さすがに手術から数日経過してるのでまだ痛みはあるものの
睡眠中のビッグバンはほぼ発動しなくなっていた、
いい眠りにつけそうである


そして退院日、
朝の検査は無しで食事後の診察をしたら
荷物をまとめて退院OKである


たったの1週間だったがずいぶん長く居たような気がする、
しかしマンガのネームも終わったので本当にもうやる事がない
診察までの余った時間、入院の余韻をじっくりと味わう事にしよう


ところで病室は6人の大部屋で入院前は不安だったけど
静かだしスペースも意外に広くて患者同士お互い干渉なしだったので
結構気が楽だったな、と
ストレスがかなり溜まると思っていたけど全然問題なしでしたな


そしてラストの診察、いつもの通り「問題なし」でクリアー
先生と話をして一応退院後2週間分の痛み止めと貧血用の鉄剤を処方してもらう、
市販で買ったら高くつくのでここは遠慮なくもらっておきますぜ☆

8k.jpg


診察が終わり後は退院するだけ、
特に時間は指定されてなかったのでゆっくり片付けをして
荷物の忘れ物がないか看護士さんにチェックをしてもらう


チェック後看護士さんにお礼を言ってついに帰宅!
ちなみにその看護士さんはあのさわやかイケメン君、
最後までまことに感謝でございますぜっ☆


荷物を両手に担ぐ、割と重かったが傷に響くほどではない、
なんとか行けそうだ、
病院の受付まで行き請求書を出してもらい自動精算機的な機械でお金を振り込む
1週間分の入院費、手術代、食事代、薬代、
すべてあわせて8万2千円!!


10万は超えるかなと思っていたので安いと感じましたな
入院が初めてで相場はわからないけど
自分的にはこの値段で文句なし!ですな!!

9k.jpg


そして帰り道、電車に乗るのはさすがにまだちょっと辛かったので
直接病院からタクシーで帰る事に、
快晴のポカポカしたいい陽気の中
タクシーの中から見慣れた景色が近づいてくる


久々の自宅へ、
帰ったら何をしようか、
とりあえず1週間ぶりのネットでもしようか
そしてパート先へさらに1週間休むと電話しなければ、
なんだかんだで
入院して、入院できて良かった
これからまた、頑張ろう




~~と、いうわけで
これでIBO-JI入院記は終わりであります、
現在は入院から1ヶ月が経ちパートの仕事にも復帰
(復帰初日はさすがにかなりきつかったが)
傷の痛みもすっかり無くなり入院前と変わらぬ生活を過ごせております


まだトイレをする時に少し違和感があるけど
出血もなくなったので問題なしですかな、
とりあえずもう大出血での貧血には悩まされずに済みそうですぜ


痛み止めももう必要なし、
でもさすがにまだ便秘は怖いので
酸化マグネシウムだけは継続して飲んでおります
傷口にあてるガーゼもほぼ必要ないけれど
もう1,2週間だけやっておきますかな


一応今回の入院を通して自分的な結論は、


・IBO-JIは早いうちに医者に診てもらう
・入院は最低1週間
・傷の痛みが引くのは1か月
・入院生活は割と快適
・入院費用は8万円ほど


という所ですかな、
最低でも1か月くらいは仕事する事が困難になるので
なかなかIBO-JIで悩んでいても手術に踏み出せない人は
今の世の中たくさんいると思われますが・・・
「病院行けたら早めに行ったほうが良い!!」と
伝えたいところであります!


最後に、
IBO-JIの事で入院前にネットで読んだ様々な人のブログが
自分にとってかなり参考になったり励みにもなったので
自分もブログにこうして書いておけば
ひょっとして他の悩んでいる誰かのためにもなるかもしれない、
と思いこの入院記を書き始めました、
可能な限り詳細に書こうとしてたらこんな長さになってしまいましたが
少しでも参考になれば幸いであります


ではでは、それでは
ここまで読んでいただきまことに感謝でございます☆
皆様も健康には気をつけて!


ibj 22


「IBO-JI入院記」終わり!


スポンサーサイト
リンク
twitter