FC2ブログ

IBO-JI入院記 エピソード12!

手術が終わってホッとしたのも束の間、

夜の9時までにOSHOU-SUIができなきゃ

NYOU-DOUに管を入れる羽目になるという

危険なミッションが発動した!

なんとか水分を取りまくってOSHOU-SUIを達成するのだ!!

7k.jpg


と、いう事で見舞いに来てくれた親がコンビニで

ジュースや水を4本くらい買ってきてくれた(ありがたい)

朝から飲まず食わずだったので結構飲める!

この調子でいけば間に合うか・・・


そこそこ下半身の感覚は戻ってきてはいたが

明日の朝までは絶対安静で起き上がるのは禁止されているので

ベッドで寝たままとにかく飲み物をひたすら飲む、

もちろん起き上がれないのでマンガのネームは描けず・・・しんどい


そうこうしているうちに夕食の時間、

お粥が出ると聞いてはいたがお粥の他に野菜や魚など

ちゃんとした夕食メニューが出てきてなかなか嬉しい、

ベッドで寝たままの食事なので看護士さんがベッドの上半身部分を起こしてくれる

(ベッドに付いているハンドルを回すと上半身部分が斜めに上がるのだ)


食事を終え、看護士さんが食器を下げてくれる

さてここからまた水分を摂らなくては!

ちなみに麻酔の効果は切れてきてはいたけど手術した部分の痛みはほとんどない

なんとなくジンジンしている感じがするだけだ

「意外とそんなに痛くなかったりして」などと甘い事を考える、

6k.jpg


ところで手術が終わったら手術着を脱いで着替えると予定表に書いてあったが

点滴をしていたからかまだ手術着のまま、(着替えが困難だからか)

今日はこのまま寝ることになりそう

ふと手術した部分に手を伸ばすとガーゼがテープで止めてある

多分まだ切った部分から出血してるのかな、


今回のIBO-JIの手術は「半閉鎖法」といって手術でIBOを切り取った後

その傷口を途中まで縫うが全部は縫わず残りを自然治癒に任せる

という手法が行われている

なぜ全部縫わないかは感染か何かを防ぐためとの事(正直よくわからんが)


当然全部縫わないので縫わなかった部分は傷口丸出し!

よって激痛を伴いそれによって日常生活が困難になるというわけで

だから手術後1週間くらい入院が必要という事なんでしょうな、

そしてその傷口は2,3週間ほど小さな出血が続くのでガーゼを常に

当てておく必要があると、ウ~ム、しんどそうである・・・


はてさて気づけばもう時間は夜の8時!

後1時間しかない!・・・・・が!

まったくもって尿意が起きない!!

ムムッ!!!!やばい!!!


このままでは・・・・間に合わんっ!!!


ibj 12



「エピソード13」へ続く!



スポンサーサイト
リンク
twitter