脳外科混みすぎ!

今日は「ラ・ラ・ランド」を観た後に脳の検査をすべく

近くの脳外科クリニックに行ったのだが恐ろしく混んでいたので

明日の朝一に予定変更!

ホントに病院は予約制にして欲しい・・・

めちゃ混みの中1,2時間も待たされるとかかなりの拷問である、

ウムムム


まあとりあえず「ラ・ラ・ランド」は良かった!

※以下↓Twitterでの文も交えての感想


夢見る二人の青春物語という感じでかなりグッときましたぜ!

しかしミュージカル映画、恋愛映画として期待していた人には

ちょっと物足りない作品のような気もしましたな、

みんなのシネマレビューでの評価が真っ二つに分かれているのも頷ける、


しかし「ラ・ラ・ランド」で挫折を繰り返しながら

それでも夢を追い続ける2人に感情移入せずにはいられない!

力強い主題歌とともにこの作品から聴こえる

「夢を追うなら諦めずに頑張れ」という熱いエールを

確かに受け取った気がしましたぜ!


演奏したりするシーンで所々前作の「セッション」と同じ

カメラ編集をしていたりとなかなか遊び心もあってナイス!

荒々しくも優しさがあり「セッション」がガツンとくる感動なら

「ラ・ラ・ランド」はじんわりくる感動かなと思いまする、


だいぶというか、かなり人を選ぶ作品なのは間違いないと思うので

「今、夢に向かってチャレンジしている」

という人に超絶おすすめでありますぞい!







【今日の進行内容】

なし


スポンサーサイト

マッドマックス4DX!

マッドマックスのモノクロ版の4DXを観てきましたぜ!!

おととしに新宿で観たMX4D版がどうにも微妙な

がっかりクオリティだったので(映画の内容は最高だっただけに)

正直そこまで期待はしていなかったが

予想を遥かに超える大満足な結果になりましたぞい!!!


まず、なにはさておき!

座席の揺れが激しいっ!!

MX4Dの時は「座席が動くには動くけど・・・なんだかしょぼいなぁ」

という程度だったが4DXは


動く!!!

割と半端なく動くっ!!!

正直ビビった!!!!

そして「これだ!!これを求めていたんだ!!」と

テンションは大盛り上がりっ!!

飲み物やポップコーンを持っていたらたぶん吹っ飛んでいたと思われる!


そして結構濡れる水しぶき!!

もくもく上がる煙!まぶしいフラッシュ!

駆け巡るエアーッ!!

ちょっとやりすぎな気がしないでもないが

そこはさすがの「マッドマックス」!!!

映画の激しさと完璧にマッチしておりました!!!


車で疾走するシーンでの座席の揺れと場内の風の具合が見事で

本当に車に乗っている気分がしましたな!!

1番凄まじかったのが砂嵐に突入する場面!

ドッカンバッカン揺れまくる座席と風!水しぶき!稲光りのフラッシュ!

とどめになんか雪みたいなのも降ってきて、もはや感動を超えた何かに突入っ!!

ニュークスばりに「ラブリーデイ!!(サイコーな日だぜ!)」状態に☆


平日の昼間だったこともあり観客は10人程度、

人ごみが嫌いな自分的には超ラッキーな具合でしたな!

(立川の爆音上映では連日満席らしい、さすが立川)

なにげに女性客が割といたのが印象的でありました、


ちょっと迷ったけれど観てみてよかった4DX!!

最高の体験でしたぜ!!!

ただ、唯一心残りなのは・・・・

やっぱり・・・モノクロじゃなくてカラーで観たかったかな、

モノクロも悪くはなかったけどやはりマッドマックスはカラーの方がいいな


ともあれ感動して体調もすっかり良くなる、

明日から頑張らなければっ!!

クワワッ!!!!!







【今日の進行内容】

なし



「この世界の片隅に」2回目!

「この世界の片隅に」映画2回目!観てきましたぜ!!

平日でしたがお客さんが結構入ってて嬉しい限りっ!!

1回目を観てから原作読破&様々なレビューで予習復習していたので

より深く、よりしっかりと作品を堪能する事ができましたな!

観れば観るほどすごくなる!

それが「この世界の片隅に」!!!

キィエッ☆


上映館数増大!そして2月までロングランが決定!

やっとTVでもチラホラ特集されるようになってきたが

この作品の勢いはまだまだこれからが本番じゃっ!!

自分も可能な限り勝手に応援しまくりますぞいっ!!!

ドドドドド!!







【今日の進行内容】

なし



ぬおおお!

先日、歯茎の痛みに耐えつつ

パートの仕事が終わった後に映画を観てまいりました!


「この世界の片隅に」!!


素晴らしい作品でしたっ!!!


上映館数が少なめでTVでの宣伝もほぼないみたいなので

大いに宣伝していきたいと思いますぜっ!!!!


たぶん自分が何もしないでもクチコミなどでいい評判が回ると思いますが

これほどの作品っ!!!

宣伝せずにいられるかっっ!!!!


「この世界の片隅に」!

映画館で観れる今が最大のチャンスッ!!!

この機会を!!見逃すなっ!!!!

キィーーーーーン☆☆






【今日の進行内容】

この世界の片隅に 宣伝イラスト描き



ファインディングドリー感想!

アニメ映画「ファインディングドリー」の感想じゃ!

以前から感想を書こうとは思っていたものの

なかなか難しくてだいぶ遅くなってしまいましたぜ!

ゴゴゴゴ!

dory mn

なにが難しいかというとこの作品は

「主人公ドリーが両親を探しに仲間と共に大冒険」!という

いかにもファミリー向けな表向きのテーマに対し

「障害児と障害児を持つ親とその周りの者達の接し方と考え方」

(違っていたらすいません!)

が裏のテーマとしてある気がして

「これは簡単には批評できないぞ」と思ったからでありまする、


なぜなら今の世の中、「障害児」というフレーズだけでも

触れてはいけないタブー的な、腫れものを扱うかのような

そんな風潮がある気がするのでそうやすやすと

書いたりしてはいけない気になってしまい躊躇しちゃったりしておりました・・・


・・・が!!障害があろうがなかろうが人は人っ!人間は人間!!

第一人間なんて誰でも大なり小なりどこかに障害はあるものなので

そもそもいちいち躊躇する方が失礼じゃないか!と開き直り今に至るわけですな


そして、この作品のキャラクター達、

足が1本足りないタコや目がほとんど見えないジンベイザメ、

超音波を使えないイルカ、意思疎通が困難な鳥、

ほとんど障害持ち!!

そして主人公のドリーに至っては重度の短期記憶障害&ADHDで

1匹だけでは生きていけないレベルの障害!!!

OH!ディズニーさん!こりゃハンパないっすよ!!!!

魚のキャラクターだからあまり違和感が無いけれど

人間に置き換えたらいろいろな所からクレームが殺到しそうである!


作品のストーリーとしては、そのドリーがなんとか両親を探そうとするも

記憶障害&ADHDでなんともならないので仲間たちがサポートしながら

手助けをしていくというハートフル&ドタバタコメディ、

・・・なのだがコメディ部分がブラック過ぎて

「さすがにこれは笑っていいものか迷うなぁ」と何度か思ったり、

容赦ないっすよディズニーさん!!!


さすがにドリーの症状がヘビー過ぎてドリーだけでは話が進まないので

仲間が超有能すぎたり、偶然運が良くて助かったり等

あまりに都合が良すぎる展開が多く、

そこがどうしても批判の対象になりがちなのが残念ではあるが

「重度の障害を持つキャラを主人公にした」という事が重要なので

そこんとこは仕方がない部分かなと考えますのう

(制作側も承知の上でやっている気がする、たぶん)


「障害」をどう見るのか、どう受け止めるのか

そもそも「障害」とはなんなのか

この作品は、ちまたで議論されているような

「感動ポルノ」では決してないと思うし

誰が見ても楽しめ、感動でき、また深く考えることもできる

非常に懐の深い作品だと思いますのう


まあ、長くなりましたが・・・つまりは・・・




ディズニーさん!!マジ!ハンパないっす!!!!








【今日の進行内容】

セレナーデ先生作画1P



リンク
twitter