IBO-JI入院記 エピソード3!

入院当日、いまいち実感がわかないまま1人電車に乗り

着替えやマンガのネームなどが入ったパンパンのバッグ2つを抱え病院に向かう


病院に近づくにつれ「本当に入院するんだよなぁ」と

リアル感と緊張感がダブルで高まり足取りが重くなる、

憂鬱、憂鬱である

ウゴゴゴ・・・・

11k.jpg


とにもかくにも病院につき入退院の受付場所へ、

必要な誓約書3枚と診察券、保険証を見せた後に

8階のナースステーション(西側)に行ってくれとの事、

ん?この病院8階もあるのか!

思った以上にでかい病院だったようだ


以前自分が清掃のパートで働いていた病院は5階建てで

エレベーターは2つだけだったが

この病院はエレベーターがなんと6つ!

そしてコンビニ、カフェ、レストランまである!!

よくよく見れば結構な大病院ですぜこいつぁっ!!!

なんだかテンションが上がってくる

割と楽しい入院になるのかも!

8k.jpg


とかなんとか思いつつ8階に到着、

8階が最上階なようだ、それにしても広い!病室がズラリ!

そしてナースさんに案内され自分が入る予定の病室へ、

(6人用の大部屋である)

ラッキーな事に6人部屋だけど今は4人しか入っていないようだった

気分的に楽で良い!そして自分のポジションは窓際、さらにラッキー!

最上階なので眺めは抜群☆1週間も同じ場所と考えたらかなりの好条件である!


荷物を整理し寝巻き用に持ってきたジャージに着替えた後に

明日手術をする人達にオリエンテーションがあるという事で別室に集合、

自分を含めて5人の野郎どもが集まった!

(20~30代が3人、60代が2人だったかな)


「明日一気に5人も手術するのか・・さすが大病院」

もちろん全員IBO-JIの手術!

ガッ☆


ナースさんから事細やかな手術の流れを聞き解散、

手術は明日・・・

今日やるべき事は、

19:00に下剤的な坐剤をINして排泄物をOUTする事と

22:00からは食事禁止

そして明日の手術への覚悟を決める事!


ムムゥッ!!!

ついに・・・ついに明日手術か・・・・!


ibj 3



「エピソード4」に続く!



スポンサーサイト

IBO-JI入院記 エピソード2!

きたるべき手術の日に備え

とにかくIBO-JIからの出血を止めて貧血を治さなくてはいけない!

・・・しかし、1ヶ月近くも止められなかった出血、

処方された薬で止まるのだろうか・・・?

3k.jpg


とかなんとか不安だったが

止まった!!

あれだけ何をしても無駄だった出血がピタリと止まった!!

病院の処方・・・・恐るべしっ!!!


出血が止まれば後は不足している鉄分を補充するのみ!

こちらも処方された鉄剤(なんと1日100mg!!)を摂取して

2,3日経過したらみるみる内に体の血色が良くなっていく!

た・・・・助かった・・・・・

この調子なら手術の日までに全回復できそうだ、


1k.jpg


※ちなみに処方してもらった薬

坐剤:ヘルミチンS坐剤

軟膏:強力ポステリザン

鉄剤:フェネルミン錠

(ポステリザンをヘルミチンに塗ってパワーアップさせるという使い方☆)


これで体調はOK,

その後は入院時に必要な誓約書3枚にあれこれサインしたり

パートの職場に1週間入院することを伝えたり

(退院後はろくに仕事ができない事も伝えたり)

入院で必要になりそうなものを100円ショップで揃えたり

・・・などして着々と準備をすすめる


1週間も入院になるので、職場の人達に自分がIBO-JIだという事を伝えた時に

「実はうちの祖父もJIで・・・」

「知り合いが以前手術を・・・」

と、みんなJIについてかなりの理解を示してくれて正直助かりましたな、

(IBO-JIのつらさは伝えるのがどうにも難しいので)

しかしIBO-JIになった人って公言しないだけでやっぱ結構いるもんですな、

「日本人の3人に1人は患っている」とかネットで見かけるけど本当なのかも


さて、とにかく入院の1週間、

おそらく初日か翌日に手術をして残りはたぶんベッドで安静にしてるだけだろうから

なにか暇つぶしになるものを持っていかねばなるまい、

暇つぶし・・・暇つぶし・・・・・


・・・いや!!暇を潰している場合ではない!!

いまだに新作マンガのネームが完成していないじゃないか!!


という事で暇つぶしのものは一切持っていかずに

描きかけのマンガのネームを持っていく事に、

せっかく仕事も家事もしなくてすむ貴重な時間が取れるんだから

マンガに集中してやるぞ!

ゴゴゴゴ!!!

2k.jpg


そして時は経ち

貧血もほぼ完治した頃

ついに入院する日がやってきた!!


ibj 2




「エピソード3」へ続く!



IBO-JI入院記 エピソード1!

「しゅ、手術っっ!!」

ビビる自分!

「それじゃあ来月でいいかな、1週間入院になるけど」

そして話す先生!


・・・来月ならまだパートのシフトはできていないので

なんとかなりそうだけれども、

・・・・しかし・・・手術か・・・!

まったく心の準備ができてないけど断る理由が見当たらないので手術を承諾、

「で・・でも今は最新の医療で日帰り手術もあるみたいだし・・・」

とか往生際の悪いことを考えるも

IBO-JIが進行しすぎていてもう切るしかないとの事、

10k.jpg


※軽めのIBO-JIならジオン注射というのを打って

小さく固めてしまえる「ALTA療法」というのがあり

日帰りで翌日からすぐ元気に働けるという画期的な治療法がありまする☆



手術・・・そして1週間の入院・・・

パートの仕事は・・・家の家事は・・・入院費は・・・・

いろいろな事が頭の中を駆け巡るも、

先日重度の貧血になった時に悟ったひとつの結論!

「どんなに頑張ったところで体を悪くしたら元も子もない」


そう!まずは自分の体がなによりも大事っ!

それが!1番大事っ!!

ゴゴゴゴ!!


マンガを描くのに命を賭けるならまだしも!

パートや家事で無理して死にそうになるなんて冗談じゃないぜ!

と、いう事で思い切り開き直って手術への覚悟を決める!

専門の病院のベテラン先生が即決で手術と言うんだから仕方ない!

大義名分!我に有りっ!!

誰にも文句は言わせんぜっ!!

ドドドド!!!

7k.jpg


その後、手術のために血液検査、レントゲン、尿検査などをしてから

入院のための資料、誓約書などを書いたり受け取ったりして終了、

そして貧血もまだやばかったのでまた鉄剤の注射を打ってもらい帰宅、


その日処方してもらった鉄剤、坐剤、軟膏、

この3つを駆使して手術までになんとか貧血を治さなくてはいけない!

IBO-JIを「治す」戦いが今!始まったのである!!!


iboji 1



「エピソード2」へ続く!


※ちなみに「いぼ痔」をわざわざ「IBO-JI」と書いているのは

たけしさんの映画「HANA-BI」のパクリです☆



IBO-JI入院記 エピソード0.5!

IBO-JIでの出血が止まらず日に日に衰弱していく体、

骨盤底筋運動やらストレッチをするも焼け石に水っ!

景気よく出まくる血に「オイオイ殺す気か」ともはや苦笑いの自分


そしてついに職場の人達からも顔色が悪すぎると心配の声が、

もともと顔色は悪い方なのでそんなに気にしなかったのだが

ふと、自分の手のひらと爪が真っ白になっているのに気づき

そこで初めてゾッとして病院行きを決意する!

14k.jpg


そして休日に近くのクリニックへGO、

そこでも顔色がやばい事を言われつつとにかく血液検査をしてみようとの事、

検査に時間がかかるので結果は明日聞きに来てくれという感じでその日は終わり、


翌日、しんどすぎる体でなんとか昼1時までパートをこなしそこからクリニックへ、

そして昨日の女医さんに会うなり言われる「大変です!」の一言!


「検査の結果ですが、これもう輸血レベルの重度の貧血です!」

見ると検査結果のヘモグロビンの値が6.1

ヘモグロビン値が7以下になると重度の貧血ということなので

もはや完全にヤバイ状態!!

と、いうかさっきまでパートで働いてたんだが!!

10k.jpg


とにかくこのままでは危険なのでその場で鉄剤を注射してもらう、

そしてここのクリニックでは輸血する設備がないので

大きい専門病院の紹介状を書くから明日の朝一でそこで輸血を受けて下さいとの事!

「なんだか面倒な事になってきたなぁ・・・・」と不安になりつつ

翌日ちょうど仕事が休みだったのでさっそく病院へGO!


紹介された病院は予想以上にでかく患者さんも朝からすごい数だった!

総合3時間くらい待たされようやくその病院の先生と面会!

「輸血すると入院って事になっちゃいますけどどうします?」と聞かれ

入院!?とんでもねぇ!!

と思いとりあえず鉄剤と強力な坐剤と軟膏を処方してもらう事に、

まあとにかくこれで一安心かな・・・・とホッとしたのも束の間、


問題の患部、IBO-JIの状態を診て先生が一言、

「あ、これ手術ね」




!?



ibj 05




「エピソード1」へ続く!



IBO-JI入院記 エピソード0!

IBO-JI!!

・・・それは・・宿命!!

IBO-JI!!

・・・・それは・・・運命っ!!


入院にいたるまでの・・・「エピソード0」

しかしその前に!

痔(JI)についての基礎知識をおさらいだっ!!

9k.jpg


IBO-JI:痛みはあまりないが出血がすさまじい!ヤバイ!!


KIRE-JI:出血はあまりないが痛みがすさまじい!ヤバイ!!


JI-ROU:膿がたまってKOU-MON以外の穴(トンネル)ができてしまう!ヤバスギル!!




・・・・自分は昔からIBO-JIで、出血が初めて起こったのは

3,4年くらい前の頃(だった気がする)

しかし出血といっても不摂生が続いた時やストレスで体調を崩した時の

2,3日程度で収まるくらいのものだったのでそこまで問題視はしていなかった

・・・・・・はずだった・・・!


今年7月頃からチーフが変わり激変するパートの仕事と

迫り来る引越しのストレスなどで胃腸の調子が悪かったので太田胃散を摂取、

胃の調子は良くなったものの、ほどなくしてIBO-JIからの出血が始まった、


「また2,3日もすれば止まるだろう」と軽く考えていたが

徐々に激しくなる出血、1日に1回だった出血が2回、3回と数を増していく、

10k.jpg

体調はまだまだ余裕だったがさすがにヤバイと思い鉄分のサプリを購入、

出血を止めるためにボラギノールの座薬や軟膏も買い、

気温が暑い中、患部をミニ湯たんぽで温めるなどして

IBO-JI出血に対して徹底した対策を試みた!

・・・・・が!その努力もむなしく激化していく出血!!

気が付けば便器を血の海にするレベルの出血を1日3~4回してしまうのが

当たり前の状況になってしまっていた!!



「大丈夫かコレ?」と思いながらも仕事の方は人手不足が深刻だったので

1日も休まず、引越しの準備の方もなんとかこなしていた、

今思えば相当無理をしていたはずなのであるが「痛み」はほぼ無かったので

「休んでる場合じゃない」と気力で体を動かしていた、

ついには体調も自覚できるほどキツくなってしまったが

「出血さえ止まればなんとかなる!」と信じ、なんとか引越しも乗り切った!


引越しも終わったし、一安心・・・・・

しかし!出血は一向に止まる事はなかった・・・・・

8b.jpg



「エピソード0・5」へ続く!!



リンク
twitter